monoist.work

デジタルクリエイターのブログ

macOS MontereyにKarabiner Elementsをインストールして使う方法と使い方

macOS MontereyにKarabiner-Elementsを入れてみました。macOSのバージョン12.0.1くらいに合わせてKarabiner-Elementsのアップデートもされていて、スムーズにインストールできるようになっています。

www.monoist.work

Karabiner-Elementsをダウンロードしてインストールする

こちらのページからKarabiner-Elementsをダウンロードします。

karabiner-elements.pqrs.org

macOS Big Sur以降の新しいOS拡張に対応しているので、インストールは問題なくできます。

 

11月3日にKarabiner-Elementsが14.2.0にアップデートされて、macOS Catalinaが対応OSから外れました。ちなみにKarabiner-Elementsの新しいアイコンは日本人の方がデザインされたようです。

Karabiner-Elementsアイコン

 

ではインストールした後に起動して、プライバシーの許可をするところから解説します。

Karabiner-ElementsをmacOS Montereyで使えるようにする

Karabiner-Elementsを起動するとこのように新しいOS拡張をインストールするダイアログが表示されますが、このOKボタンを押すとこのダイアログは消えるようになっています。

ダイアログ

 

プライバシー設定の案内が英語で書かれているのでボタンをクリックすると、「セキュリティとプライバシー」の設定が開きます。

英語の説明

 

Karabiner-Elementsのプライバシーを許可します。

プライバシーの許可

 

もうひとつ、英語の説明が出てくるのでボタンをクリックします。

英語の説明


Karabiner-Elementsのプライバシーを許可します。

プライバシーの許可

 

最後に拡張機能の説明が出てくるのでボタンをクリックして、拡張機能を許可します。

拡張機能を許可

 

このように「キーボード設定アシスタント」が表示されたら、Karabiner-Elementsのインストールは完了です。

キーボード設定アシスタント

アシスタントにしたがってキーボードの設定をすれば、Karabiner-Elementsでキーバインドの変更ができるようになります。

 

Karabiner-Elementsの使い方

使い方はとても簡単です。

Karabiber-Elementsを起動するとこのようにアイコンが表示されます。アイコンをクリックして「Preferences」をクリックします。

Preferences

 

変更したいキーボードを指定します。

キーボードを指定

 

わたしはUS配列のキーボードをMacの日本語キーボードのように使うために、「Option(Alt)」キーを「英数」「かな」キーに変換しています。

英数に設定

日本語向けのキーがあるのはとてもうれしいですね。

Karabiner-Elementsの設定に役立つEventViewer

Mac miniでもUS配列のWindowsのキーボードを使うことにしました。

キーの位置はこのようにMacBookのUS配列とほとんど同じにしたのですが、WindwosのAltキーやWinキーがMacでどう認識されているのかわかりづらいと思います。

キー配列

 

こういうときに便利なのが、Karabiner-Elementsに付属している「EventViewer」です。押下したキーがMacでどう認識されているのか表示してくれるアプリです。EventViewerを起動するには、Karabiner-Elementsのアイコンをクリックして「Launch EventViewer」を選択します。

Launch EventViewer

 

英語の説明が出てくるので、ボタンをクリックしてプライバシーの設定を開きます。

ボタンをクリック

 

Karabiner-EventViewerにプライバシーを許可します。

プライバシーを許可

 

「終了して再度開く」をクリックすると、プライバシーが許可されたEventViewerが起動します。

終了して再度開く

 

EventViewerの画面で何かキーを押すと、どのように認識されているのかがわかります。

この例ではWindowsキーボードの左Altキーが「left_option」と認識されています。

Left_Option

 

わたしはWindowsのキーボードをMacのJIS配列のように使いたいので、左Altキー(left_option)を「英数キー」に変換しています。同様に右Altキーは「かなキー」にしています。Ctrlキーは「Command」と認識されるのでそのままです。

キー配列設定

 

Mac miniをWidnowsのUS配列にしたのは、Windowsとキーボードを共有するという狙いもあります。Karabiner-Elementsは昔からあるMacのアプリですが、Windowsでも「PowerToys」というアプリの開発が進んでいてキーマップを変更することができます。

キーマップを統一すると違和感やストレスがなく両方のOSを使うことができますよ。

www.monoist.work