MONOIST

デジタルクリエイターらしいです…。

【注意】MacとWindowsでディスプレイを共有する方法【HDMI切り替え】

デュアルディスプレイ

わたしは仕事でMacBook Proを使っていてデュアルディスプレイにしています。そしてゲーム専用機としてWindowsがあるんですが、サブディスプレイとゲーム専用のディスプレイは共有した方が便利だと思いませんか?

共有するなら注意しておきたいポイントがありますので、順番に解説していきます。

MacBookをデュアルディスプレイにする

Windowsの画面としてMacBookを共有したいと思っているのであれば残念ながらできません。それよりもMacBookをデュアルディスプレイにした方が作業効率が上がります。もし仕事で使うなら絶対におすすめしておきたいポイントです。

www.monoist.work

 

さて、現在のMacBookはポートが全てUSB-Cです。不便なところもあるんですが、一番うれしいのはサードパーティ製のケーブルが使えること。MacBookをデュアルディスプレイにするのに2,000円かかりません

 

UGREENのケーブルは品質が良いのでいつも使っていますが、信頼性の高いHDMI変換ケーブルが2,000円以内で買えるのはありがたい話です。

MacBookとWindowsのディスプレイを共有する

この変換ケーブルで、MacBookから出てくるHDMIと、Windows機から出てくるHDMIを切り替え機を使って切り替えれば、共有できるわけです。ただこのHDMI切り替え機を選択するのがちょっと難しいところです。

 

外部電源が必要になったり、外部電源不要でもMacとWinの両方の電源が入ってないと動かなかったり。その点、このHDMI切り替え機はコンパクトで、MacかWinどちらかの電源が入っていればそこから電源供給を受けて切り替えてくれます。

 

しかもめちゃくちゃに安い

Windowsはスリープの状態で、MacBookをデュアルディスプレイできますし、仕事が終わったらMacはスリープにしてWindowsでゲームができます。この切り替え機で仕事の効率が上がるだけでなくゲームまで出来てしまう…。

【追記】 ディスプレイを共有する際の注意点

この記事を書いてから随分と時間が経って、今はM1Mac miniを仕事に使っています。Final Cutで動画編集するならM1Macを使うことで、これまでのMacとは比較にならないくらい速くなります。しかしmacOSがBigSurになったことでディスプレイの選択に注意が必要になりました。

 

注意点はゲーミングモニターをM1Macで使うとフォントがめちゃくちゃに汚い

 

これはMacBookでも同様で、サブディスプレイにしたら耐えられないくらい汚いフォントになります。この理由は、Windowsってどんなディスプレイでもある程度読めるようにフォントスムージングが設計されています。

 

対して、macOS BigSurはピクセル密度が高い前提でフォントスムージングが設計されています。RetinaディスプレイのMacBookであればだいたい、1ピクセルの情報を表示するために4ピクセルくらいを使って描写しています。それはね、それはキレイに見えますよね、Retinaディスプレイ。

 

ゲーミングモニターは1ピクセルを1ピクセルで表示されるように、というよりも最近はどちらかというと応答速度の方が重要視されています。わたしは最高75Hzでいいのですが、音ゲーマーになると144Hzが必要とか……。つまりゲーミングモニターとMacのサブディスプレイで丁度良い性能のモニターを探す必要が出てきました。

 

詳しくはこちらの記事で解説しています。

Mac miniでの解説になっていますが、BigSurであればMacBookでも考え方は同じなので参考にしてください。というよりも、本当にわたしは泣きそうになったのでぜひ読んでおいてください…。

www.monoist.work