monoist.work

デジタルクリエイターのブログ

M2のMacBook Airをデュアルディスプレイにする方法まとめ

思わず買ってしまいましたね。

M2のMacBook Air。

どんなくらい速いのかと気になったのですが、今、動画編集のメインで使っているMac miniが元々速いので、M2にするとそれよりちょっと速いかな、くらいです。M1と比べると相当速い(40%くらい)早くなるようです。

そんなM2 MacBook Airを活用するために、デュアルディスプレイのやり方を紹介していきます。

簡単にデュアルディスプレイできるM2 MacBook Air

M1とM2のMacBook Air。大きな違いは、電源がM1はUSB-Cですが、M2はMagSafeコネクタで、USB-Cはふたつ空いたままで使えるのが大きな特徴です。

で、M2のMacBook Airをデュアルディスプレイにするには、こういうUSB-CからHDMIに変換するコネクタさえあれば、ディスプレイに接続できます。

 

1400円でデュアルディスプレイにできるので、本当に安くなりましたよね。

デュアルディスプレイ

 

とにかく、MagSafeで電源が取れるというところが、非常に有利です。ディスプレイのためにUSB-Cをひとつ使っても、まだUSB-Cがもうひとつあるので、USBハブを刺すなどして、外部キーボードを接続したりできるわけです。

 

この写真のように、デスクトップでデュアルディスプレイするなら、こういうノートパソコンスタンドがあると便利ですよ。モニターの高さを一緒に調整できます。

 

このBOYOTAのパソコンスタンドは本当に良いですよ。

もう何年も愛用していますが、いまだにガタもなくしっかり使えます。

安いのを買って後悔したので、このパソコンスタンドにしましたが、非常に気持ちよく使えます。

デュアルディスプレイのやり方が多彩なM2 MacBook Air

M2のMacBook AirはmacOS Montereyを搭載しているので、もう一台のMacをサブディスプレイとして使えます。

ディスプレイの設定を開いて、

ディスプレイ設定

 

ディスプレイの追加から、もう一台のMacを選択するとサブディスプレイとして認識されます。

サブディスプレイとして認識

 

位置関係を調整して……

位置関係を調整

 

これで、普通のサブディスプレイになりました。

デュアルディスプレイ

 

この機能を使えば、WindowsをMacBook Airのサブディスプレイにすることもできます。

www.monoist.work

 

ディスプレイ受信機として、もう一台のMacを使うのは、ちょっともったいない……。

でもこれだけでは終わらないのが、macOS Montereyです。

デュアルMacができてしまうM2 MacBook Air

macOS Montereyには「ユニバーサルコントロール」という機能があります。

これは、近くにあるMacに同じApple IDでログインしていると使える機能です。

 

MacBook AirからMacの画面のほうへマウスを移動していくと、通り抜けそうになります。

通り抜けそうになる

 

そのまま、Macのほうへ大きくマウスを動かすと、通り抜けて、ふたつのMacをひとつのマウスとキーボードで使えるようになります。

ひとつのマウスとキーボード

 

これが、ちょっとだけ便利で、MacBook Airでソファに寝転びながら、デスクにあるMacを操作する、という超絶だらけた使い方ができます。

 

コピーもできるので、使い方次第で便利に使えますよ。

コピーができる

 

ちょっとまだ、環境が整ってないので有効に使えていませんが、MacBook Airのほうで動画のエンコードをしながら、Macのほうで音声編集をしたり、できたらいいなあ、と使い方を考えているところです。

M2 MacBook AirをWindowsのサブディスプレイとして使う

このブログでとても需要があるのが、MacBookをWindowsのサブディスプレイとして使う方法です。

こちらの記事で解説しているので合わせて参考にしてください。

www.monoist.work