monoist.work

デジタルクリエイターのブログ

WindowsをmacOS Montereyのサブディスプレイとして使う方法(デュアルディスプレイのやり方)

macOS Montereyでは、Macを2台使ってデュアルディスプレイにする機能が追加されました。

www.monoist.work

この機能は以前からある「AirPlay」という機能の拡張です。つまり、AirPlayのレシーバーとしてWindowsを使えば、MacのサブディスプレイとしてWindowsの画面を使えるのです。そのやり方を解説していきます。

WindowsをサブディスプレイにするAirPlayアプリ

この5kPlayerをAirPlayのレシーバーとして使います。

www.5kplayer.com

 

5kPlayerをインストールしたら「設定」を開いて「AirPlay」の画面に移動します。

AirPlayの画面

 

Appleの「Bonjour」という機能が必要なので、リンクをクリックしてAppleのサイトからインストールします。

Appleのサイト

 

Bonjourをインストールしたら、一度5kPlayerを終了します。

5kPlayerを終了

 

再度起動すると、AirPlayのレシーバーが有効の状態になります。

レシーバーが有効

Mac側を設定してWindowsをサブディスプレイにする

受信側のWindowsが設定できたので、今度はmacOS Monterey側からディスプレイの情報を送る設定をします。「システム環境設定>ディスプレイ」を開きます。

システム環境設定

 

受信側の設定ができていれば「ディスプレイを追加」から「5kPlayer」を選択できるはずです。

5kPlayerを選択

 

ここからAppleの想定外の使い方なのでややこしいのですが、「ディスプレイ設定」を開いて、Apple TVと表示されたディスプレイを選択して「ミラーリングを停止」を選択します。

ミラーリングを停止

 

ミラーリングから「拡張ディスプレイ」に表示が変わるので「完了」をクリックします。

拡張ディスプレイ

 

このように、MacのメインディスプレイとWindowsの拡張ディスプレイ(5kPlayer)が並んだ状態になります。

並んだ状態

これで設定は完了です。

WindowsをMacのサブディスプレイと使う

Windowsの画面をみると、ボーダレスウインドウの状態で、Macの画面が拡張されています。

Macの画面が拡張

 

ウインドウを画面に移動していくと、サブディスプレイとして使えています。

セカンドディスプレイとして使う

 

遅延が結構あるので、本当のサブディスプレイと比べると使いにくい……ですが、資料を表示しながら作業するなどの使い方なら十分に使えると思いますよ。試してみてください。

www.monoist.work