MONOIST

ネットでお金を稼ぐということ。

【2020年】ブログ初心者はYouTubeも同時にやった方がいい理由【どっちが稼げる?】

YouTubeイメージ

今から始めるならブログとYouYubeどちらから始めた方がいいのか。この記事でどちらが儲かるのかという話をしていますが、初心者の場合、ブログとYouTubeを同時に始めた方がいいと思われる理由を解説していきます。

ブログかYouTubeか、それぞれの特徴とメリット

 ブログは古くからあるメディアです。

そのため「どうやったら稼げるようになるか」という方法がほぼ確立されています。基本的には多くの記事を書いて「専門性」「信頼性」「権威性」を獲得して、Googleの検索結果に上位表示されるようになるのが定番の戦略です。

 

どうやったら稼げるようになるのかがわかっている一方、競合も非常に多いので、満足に稼げるようになるのに1年くらいかかるのがデメリットと言えるかもしれません。

 

一方でYouTubeは比較的に新しいメディアです。

「どうやったら稼げるようになるか」はとにかくチャンネル登録者を1,000人、総視聴時間を4,000時間確保する必要があります。あなたが有名人でなければ、おそらく1年くらいかかるでしょう。

 

YouTubeの動画が再生されるためには、視聴者のホーム画面に自分の動画が表示される必要があります。そしてクリックされれば、やっと動画をみてもらえることになります。このホーム画面に表示される仕組みは、有名人ほど優先して表示されますが、初心者でも少ないもののホーム画面に表示される仕組みになっています。

ブログとYouTubeを同時に始めると露出が稼げる

初心者がブログを始めたとします。1週間7記事書いたとして、アクセス数はおそらく0に近い数字です。1ヶ月間のPVとして考えても10PVくらいではないでしょうか。この理由は、全く新規で始めた場合、Googleの検索結果の順位は50位に大きく届かないからです。検索結果をそこまで深く探すユーザーはほぼ0です。

 

一方のYouTubeは新規のユーザでもとりあえず、最初だけ露出が得られます。露出が得られて、サムネイルがしっかりしていれば、数%程度の確率(CTR)で動画が再生されます。 ブログだけでは最初の露出はほぼ0ですが、YouTubeであれば最初から露出が得られます。

 

これは試験的に運用しているYouTubeチャンネルの動画です。

動画アナリティクス

たまたま評判のよい動画になったので、クリック率(CTR)は14.5%、再生回数は約2日間100回を超えています。

 

YouTubeの仕様変更で、動画の詳細欄に「自分のブログのURL」を貼れるようになりました。

動画詳細欄

 

Googleアナリティクスをみてみると、2日間で10PVがYouTubeから流入しています。

Googleアナリティクス

 

このYouTubeに貼ったURLの記事は、書いて間もないので検索結果にはほとんど表示されていません。YouTube以外のトラフィックはほぼ全て他の記事のトラフィックです。

 

つまり、YouTubeを同時にすることで、最初から10PVが得られたことになります。

これがブログだけだったら、PVは0です。

初心者にとって、0PVが10PVになる効果は想像しているより大きな効果だと言えます。

ブログとYouTubeの相乗効果は思っているよりも大きい

 別の記事の話になりますが、この試験的に運用しているブログで、現在トップで読まれている記事はこのような記事です。

  • 文字数300文字
  • アフィリエイトリンク
  • YouTube動画埋め込み

これまでの考え方だと、文字数300文字で物販アフィリエイトが売れることはまず考えられませんでした。しかし、簡単な説明とアフィリエイトリンク、そして具体的な説明はYouTube動画で行うことで、この物販アフィリエイトが売れています。

 

自分自信でもかなり驚いていますが、300文字という少ない記事で、検索結果としては10位に表示されています。ここからは推測ですが、検索結果もYouTubeの動画の評価もGoogleですので、YouTube動画を埋め込むことは一定のSEO効果が見込めると推測されます。

 

もしあなたがブログを始めるとして、アフィリエイトの商材が動画との相性が良いようであれば、ブログとYouTubeを同時に始めて相乗効果を狙うことをおすすめします。