MONOIST

ネットでお金を稼ぐということ。

ブログの冒頭はどのように書けばいいのか?書き方を解説!

文章イメージ

ブログの冒頭ってどうかけばいいのかわからないですよね?ブログの冒頭は「リード文」と呼ばれ記事の構成でもっとも重要な部分です。このリード文をしっかり書けるかどうかで、記事を最後まで読んでもらえるかが決まります。この記事では冒頭のリード文をどう書けばいいのか解説していきます。

ブログの冒頭では「答え」が書いてあることを示す

ブログを読むきっかけって何かというと、ほとんどが欲しい情報が書いてありそうだからではないでしょうか。今この記事を読んでいるあなたも、この記事を読むきっかけは「ブログの冒頭の書き方」が書いてあると思って、この記事を読むことにしたと思います。 

 

ブログの冒頭では「あなたが探している答えが書いてある」と示すことが重要です。

 

当たり前のようですが、他に書くことはないと思いませんか?

 

この記事で解説する「リード文」は主にブログでアフィリエイトする場合を想定しています。直接のアフィリエイト記事でなくて集客を目的とした記事でもほぼ同様の考え方で書くことができます。

ブログの冒頭「リード文」の書き方

この記事のリード文はこのように書きました。

ブログの冒頭ってどうかけばいいのかわからないですよね?ブログの冒頭は「リード文」と呼ばれ記事の構成でもっとも重要な部分です。このリード文をしっかり書けるかどうかで、記事を最後まで読んでもらえるかが決まります。この記事では冒頭のリード文をどう書けばいいのか解説していきます。

 これはPASONAの法則と呼ばれるセールスライティングのエッセンスを使った文になっています。PASONAの法則はこのようなものです。

  • Problem(問題)
  • Affinity(親近感)
  • Solution(解決策)
  • Offer(提案)
  • Narrowing down(絞り込み)
  • Acrtion(行動)

この流れのエッセンスをリード文として使います。

 

「ブログの冒頭ってどうかけばいいのかわからないですよね?」

 

このように読者が抱えている「問題」を明らかにして、疑問形にすることで「わたしも一緒という親近感」を表現しています。

 

「ブログの冒頭は「リード文」と呼ばれ記事の構成でもっとも重要な部分です。このリード文をしっかり書けるかどうかで、記事を最後まで読んでもらえるかが決まります。」

 

この部分が「解決策」です。あなたの抱えている「問題」はこのように「解決」すればいいのだと端的に表現して「提案」します。

 

「冒頭のリード文をどう書けばいいのか解説していきます。」

 

これは「行動」です。解説していきますと明言することで、読者に読むようにうながします。

ブログの冒頭「リード文」のバリエーション

先ほど示したような流れになっていれば、いろいろなバリエーションが考えられます。例えばちょっと堅苦しくして威厳を出すような書き方もできます。

 

ブログの冒頭をどのように書けばいいのか。これは簡単な問題なようで、実はもっとも重要な問題です。ブログの冒頭はリード文と呼ばれ、この冒頭がしっかり書いてあるかどうかで記事の質が決まります。この記事ではこのリード文について解説していきます。

 

書いてある内容はほぼ一緒ですが、最初に親近感を表現していないので、読者との心理的な距離は遠くなります。その一方である種の信頼性のようなものが感じられるため、比較してどちらが良い悪いということはなく、どのような読者を想定するかで変わってきます。

ペルソナを想定することでブログの冒頭が決まる

どのような読者を想定するか」これはセールスライティングでは「ペルソナ」という言葉があてはまります。ペルソナとは「ターゲットとする人格」のことです。

 

ちょっと難しい言葉になりましたが、それほど複雑に考える必要はありません。例えば読者が「若い女性」や「初心者」であれば、親近感を出すために「〜〜ですよね?」という疑問形から始めると良いでしょう。「このひとはわかってくれているな?」という印象が与えられます。

 

逆に「年配の男性」が読者の場合に「〜〜ですよね?」という書き出しでは違和感があると思います。この場合は「〜〜という問題があります。」「〜〜という問題をお持ちですか?」と問題提起だけした方が効果的でしょう。

 

だいたいどんな人が読むのか「ペルソナ」として想定することでリード文が書きやすくなります。リード文がしっかりしているかどうかで、記事の質が大きくかわってくるので、ぜひペルソナを意識して実践してみてください。

 

簡易的にPASONAの法則を使っていますが、この法則の解説はこちらの記事を参考にしてください。

www.monoist.work