MONOIST

ネットでお金を稼ぐということ。

Amazonの審査に落ちた?もしもアフィリエイトで審査に通る記事の書き方!

イメージ

このブログではもしもアフィリエイトをよく紹介しています。その理由はAmazonの商品をアフィリエイトできる上に、審査も早く通りやすいからです。しかしAmazonのプロモーションの審査に通らないこともあるでしょう。どのようなブログ記事を書いておいたら審査に通るのか解説していきます。

もしもアフィリエイトのAmazon審査に通るような記事とは?

あなたがAmazonの商品を紹介したい動機は何でしょうか?

アフィリエイトで稼ぎたいから?

それはもちろんなのですが、基本的には「Amazonに良い商品があるから紹介する」という動機になると思います。

 

「Amazonでこの商品を買ったけれども品質が悪い」という記事を書いても審査以前に、アフィリエイトとして成立しません。

「Amazonでこの商品を買って、こんなにいい商品だった」という記事が、アフィリエイトとして売れる記事になります。

つまりレビュー記事のような形が一番シンプルで商品の魅力を伝えることができます。

 

Amazonの審査に通るためには「少なくとも5記事」はある状態で申請する必要があります。

これはもしもアフィリエイトのプログラム詳細にも記載されています。

プログラム詳細

一番簡単な方法としては、レビュー記事を5つ書くことでしょう。

Amazon審査に通るようなレビュー記事の例

ではどうやってレビュー記事を書いたらいいのか。

身の回りにAmazonで買った商品があると思います。

その商品の特徴や良い点を記事にすればいいわけです。

例えばたまたまこのマウスが手元にあったので、レビュー記事を書いてみます。

 

タイトル:MacでもWindowsでも使えるおすすめBluetoothマウス

 

パソコンを使う上で欠かせないデバイスと言えば、キーボードとマウスではないでしょうか。特にマウスの性能が悪いとイライラしてしまいますよね?この記事では実際に使ってみて良かったBluetoothマウスをご紹介します。

 

見出し:おすすめ6ボタンロジクールBluetoothマウス

 

今回ご紹介するのはこのロジクール「M557GR」です。

Bluetoothマウス

無線マウスと言っても方式が2つあります。

ひとつはこのマウスのようなBluetoothマウスです。

もうひとつはマウスと通信するための「ドングル」が必要になる無線マウスです。

性能的にどちらがいい悪いということはありませんが、Bluetoothマウスであれば対応しているノートパソコンなどに「ドングル」が必要ないというメリットがあります。

 

そして、このマウスのように電池で動くタイプと、充電して使うバッテリータイプがあります。

何度も充電できるバッテリータイプの方が便利と思われるかもしれませんが、いざというときにバッテリーが切れていると困ります。その点で、このマウスは電池タイプですので、電池を交換するだけで使えるようになります。

 

そしてロジクールというメーカーは昔からキーボードやマウスを作っている信頼性の高いメーカーです。3年間の保証がついているので、壊れても交換してもらえます。

 

6ボタンマウスということで、普通のマウスに比べてひとつ「Windowsスタートボタン」がついています。このWindowsボタンを使うことは少ないですが、ゲームをするときに割り当てておくと、ゲーミングマウスのような使い方もできます。

 

見出し:Bluetoothマウスで電池が1年間持つ!!

 

このマウスを実際に使ってみて一番便利なところは、電池が持つことです。

だいたい1年くらい、電池交換をする必要がありません。

裏に電源スイッチがありますが、ずーっとオンにしたままでも電池が持ちます。

しばらく動かさないとスタンバイモードになるので、ほとんど電池を消費しません。

 

 

Bluetoothマウスの良いところはもちろん「無線であること」

キーボードなどの他のケーブルと絡まることがないのでストレスフリーでマウスを操作できます。一度使ったらもう無線以外は使えなくなるくらい快適です。

ぜひ使ってみてください。

だいたい1,000文字くらいのレビュー記事を5つ用意する

例として書いたレビュー記事の構成はこのような感じです。

  1. リード文
  2. マウスの一般的な情報
  3. 紹介するマウスの長所

さきほど、サクっと書いたら700文字くらいでちょっと弱かったので「無線マウスと言っても方式が2つあります。」と一般的なマウスの情報を書いて文字数を稼ぎました。ブログを続けていると足したり削ったりという作業はすぐにできるようになります。

 

700文字の記事が5つだとかなり苦しいですが、1,000文字の記事が5つあればアフィリエイトの審査に通ります。

 

さきほどの構成例のようにすれば、一般的な情報の部分をいくらでもふくらませることができます。一般的な部分は他のブログを参考にできるので、コピーはいけませんが、同じことを自分の文章でかけば問題ありません。

 

1,000文字にするのが難しければ、700文字の記事を7つ用意すれば審査に通るでしょう。だいたいそれくらいの感覚です。とにかくレビュー記事を書いておいて、実際に審査に通れば、画像の部分をアフィリエイトリンクに置き換えるだけで済むので一石二鳥とも言えます。

 

もしもアフィリエイトが使えるようになるメリットはとても大きいです。

ぜひチャレンジしてみてください。

www.monoist.work