MONOIST

ネットでお金を稼ぐということ。

【IME】WindowsでもMacのキーバインドで入力する方法!

わたしは仕事でMacを使っているので、特に日本語の入力でショートカットをよく使います。「control + j」でひらがなとか、「control + k」でカタカナとかかなり便利。これをWindowsでも使いたい!できれば「かな」「英数」の切り替えもやってしまいます!

WindowsでMacのキーバインドを使う方法

そこで登場していただくのがGoogle IMEです。

それはなぜか。

Google IMEには「Macのキーバインド」に似たものが既に用意されているからです。

 

Google IMEをインストールしたら文字のところを右クリックして「プロパティ」を選択します。

IMEメニュー

 

キー設定の選択に「ことえり」という項目があります。

ことえりとは昔のMacで使われていたIMEのことですね。

ことえり選択

 

このようにcontrolではないものの、ctrl+jなどMacに近いショートカットが使えます。

キーバインド

せっかくなので、わたしは「ctrl+ :」にSNSでよく使われるようになった「半角カタカナ」を割り当てています。

で、Google IMEの設定ポイントはもうひとつあります。

WindowsのIMEをMacのかな英数的に切り替える方法

 Macの「かな」「英数」はとても便利です。かなを打ちたいときは必ず「かな」を押すことで打ち間違えるということがありません。これをWindowsでも実現するのです。

さきほどの「キー設定の選択」の横にある「編集」をクリックすると、下の方に「Hankaku/Zenkaku」キーが割り当てられている部分があります。

 

「直接入力」のときに「変換」キーを押すと「IMEを有効化」にします。

IME有効化

 

「入力文字なし」のときに「無変換」キーを押すと「IMEを無効化」にします。

IME無効化

 

これでスペースバーの左右にある「変換/無変換」が「かな/英数」とほぼ同じ動作になります。

 

あとは「Caps Lock」と「Ctrl」をアプリなどで入れ替えればより完璧に近づきますが、わたしの場合Windows機はゲームのためだけにあるのでそこまではしていないです。

ちょっと「Ctrl」を意識すればいいだけなので簡単に慣れると思います。

ぜひ試してみてください。