monoist.work

デジタルクリエイターらしいです…。

Affinity Photoで切り抜きと遠近法ワープを使う方法【Mac】

Photoshopをやめて、本格的にAffinity Photoを使うようになりました。ほとんどPhotoshopと似た使い方なので学習コストがほとんどかかりませんが、ちょっとだけ操作が違ってきます。今回は切り抜きと遠近法ワープの使い方を解説します。

Mac版Affinity Photoで切り抜きをする方法

Affinity Photoであれば基本的にMacでもWindowsでも操作は同じです。

 

この画像の不要部分消すために切り抜いていきましょう。わたしはPhotoshopで切り抜きをするときにはレイヤーメニューを使っていましたが、多くの人は切り抜きツールを使うようですね。Affinity Photoにも切り抜きツールがあります。

切り抜きツール

 

必要な部分だけを残したら「適用」をクリックします。

適用ボタン

 

これで切り抜きができました。簡単ですね。

切り抜き完了

 

ちなみに、この記事の画像もAffinity Photoで作っていて、不要なマウスカーソルを消しています。Photoshopでいうコンテンツに応じた消去の操作はこちらの記事で解説しているので合わせて参考にしてみてください。

www.monoist.work

Mac版Affinity PhotoでPhotoshopの遠近法ワープを使う方法

先ほど切り抜いた画像は、Macの画面をiPhoneのカメラで撮ったので歪んでいます。これをまっすぐにするのはPhotoshopの「遠近法ワープ」ですが、Affinity Photoにも同じような機能があります。

切り抜き完了

 

全体を遠近法ワープしてもいいのですが、そうすると透明部分が出来てしまいます。ですので、歪んでいる部分だけを「矩形マーキーツール」で選択します。「くけいマーキーツール」と読みますが読み方が……なぜ四角形にしなかったのかはいいとして選択範囲を作るのはPhotoshopと同じです。

矩形マーキーツール

 

遠近法で変形させたい部分を選択したら「パースペクティブツール」を選択します。メッシュワープツールのアイコンをクリックで長押しすると出てきます。パースペクティブは日本語のパースと一緒ですね。

パースペクティブツール

 

歪んでいる四角がまっすぐになるように遠近法の角を移動させて調整します。

遠近法変形

 

選択した部分だけが変形しますが、Photoshopとちょっと違うのは、ドキュメント全体を変形する操作で選択範囲が変形します。そのため、遠近法ワープするときに画面の外にマウスカーソルが出てしまうことがあります。

 

「環境設定>ツール」で「ズームにマウスホイールを使用」にチェックを入れておくと、画面の外にはみ出してもマウスホイールでズームアウトできるので使いやすいかもしれません。

ツール設定

 

歪んでいる四角がまっすぐになったら「適用」をクリックします。

適用

 

これで歪んでいた四角形がちゃんとした長方形になりました。

編集完了

 

わたしはAffinity Photoでこの記事のような画像を編集したり、YouTubeのサムネイルを制作したりしていますが、これくらいの作業であれば、フル機能のPhotoshopよりAffinity Photoの方が必要な機能だけ揃っているので使いやすいと感じています。

 

Affinity Photoの機能をまとめたページを作ったので参考にしてください。

www.monoist.work

Affinity Photoの魅力はやはり買い切りアプリならではの安さです。Photoshopより圧倒的に安い上にほとんどの同じことができることになります。MacのApp StoreからダウンロードすればMacの台数もアップデートも気にすることなく使えるので安心して便利に使えます。

Affinity Photo

Affinity Photo

  • (Serif Labs)
  •