MONOIST

デジタルクリエイターらしいです…。

【Mac】Affinity Photoのペンツールの使い方と矢印の書き方!

Photoshopにもペンツールがありますが、Affinity Photoのペンツールはとても使いやすくなっています。今回は、MacのAffinity Photoでペンツール使う方法と、矢印の書き方を解説していきます。

MacのAffinity Photoでペンツール使うやり方

ツールのところにある「ペンツール」をクリックします。今回は例として、「塗りつぶし」を、「境界線」をにします。

ペンツール
 

横線の部分をクリックするとメニューが表示されるので、線の太さを「スライダー」で決めます。

線の太さ

Affinity Photoで矢印を書く方法は?

このペンツールの設定メニューで、「終了」を矢印にすることで、矢印を書くことができるようになります。

矢印設定

Mac版Affinity Photoのペンツールで線を書いていく

ペンツールの設定のボタンで「スマートモード」にすると、直感的に曲線が書けるのでとても便利です。わたしの印象としては、Photoshopで書くよりも簡単に曲線を書くことができます。

スマートモード

 

このように曲線を曲げたい部分を順番にクリックしていくと、スムーズに曲線を書くことができます。先ほど「終了」を矢印に設定してたので「曲線の矢印」が書けています。

曲線の書き方

Macのノードツールでペンツールの曲線を調整する

書いた曲線を後から微調整することができます。「ノード」ツールを選択します。「ペンツール」をクリックで長押しすると「ノードツール」が出てきます。

ノードツール

 

この黒い矢印で示したところが「ノード」です。このノードを「ノードツール」で動かすことで、曲げる位置を微調整することができます。

ノード

 

ノードの上下にある青い点を「ノードツール」で動かすことで曲がり具合を調整することができます。

曲がり具合の調整

 

実は、ペンツールからノードツールに切り替えなくても、ペンツールのまま「option」ボタンや「Command」ボタンを使ってノードツールと同じことができるのですが、最初は難しいと思います。わたしはPhotoshopを初めて使ったとき、この操作で挫折しました…。

ですので、慣れてきたらショートカットキーを使ってみるといいと思います。

 

他にも特にインスタで使えるテクニックなどを紹介した記事があるので興味があったら読んでみてくださいね。

www.monoist.work


Affinity Photoの魅力はやはり買い切りアプリならではの安さです。Photoshopより圧倒的に安い上にほとんどの同じことができることになります。MacのApp StoreからダウンロードすればMacの台数もアップデートも気にすることなく使えるので安心して便利に使えます。

Affinity Photo

Affinity Photo

  • (Serif Labs)
  •