MONOIST

デジタルクリエイターらしいです…。

【Mac】Affinity Photoで切り抜きをして合成する方法【Phothshop?】

いかにもPhotoshopというような写真があります。例えば世界的に有名な写真家の、一番有名な写真はPhotoshopで合成されたものだったりするほどです。「カミオカンデ」という作品がそれなのですが、著作権があるので美術館のライブラリなら探せると思います。

 

今回はPhotoshopでやるような合成をする一番難しい部分、切り抜きのところに焦点を当てて解説していきます。

Mac版Affinity Photoで切り抜くために選択範囲を作る

この画像の中心にある木のオブジェを切り抜いていきたいと思います。

オブジェ

 

まず「選択ブラシツール」を使ってざっくりとオブジェを選択します。

オブジェ選択

 

この「選択ブラシツール」がかなり優秀で、ブラシのサイズを小さくすることによって、選択範囲の微妙な部分を調整できます。

選択範囲調整

 

選択範囲ができたら「選択」メニューの「滑らかに」を使ってほんのすこし、滑らかにしておうと合成するときに馴染みやすくなります。

なめらかに

 

選択範囲ができたら上にある「クイックマスク」ボタンを推します。

クイックマスク

これでどの領域が削除されて切り抜かれるのかがわかります。赤い部分が削除される部分です。

 

レイヤーメニューの「新規マスクレイヤー」を選択します。

新規マスクレイヤー


すると簡単に切り抜きができます。

切り抜き完了

Mac版Affinity Photoで切り抜きして合成するポイント

この切り抜いただけの状態で他の画像に合成するとギザキザした部分が残るので馴染みにくいことが多いでしょう。「削除ブラシツール」の流量を少なくして硬さも少なくした状態で、残っているギザギザをぼかして削除しておくと、合成するときによく馴染むようになります。

削除ブラシツール

 

だいたいこれで出来上がりです。

編集完了

 

あとは実際に合成してみて、もうちょっと「削除ブラシツール」を使ったり、「ぼかしブラシツール」を使ったりしてなじませていきます。例えば空と合成してちょっと夜の雰囲気にすればこのような画像ができあがります。

合成写真

 

夜の雰囲気にするためには写真の印象を変えるのですが、簡単に言えば暗くすれば良いということです。その方法も解説しているので興味があったらご覧ください。

www.monoist.work

 Affinity Photoの魅力はやはり買い切りアプリならではの安さです。App Storeからダウンロードすると台数もアップデートも気にすることなく使えるので便利ですよ。

Affinity Photo

Affinity Photo

  • (Serif Labs)
  •