monoist.work

デジタルクリエイターのブログ

macOS MontereyでiPhoneをWebカメラにする方法

macOS Montereyの問題として、一般的なWebカメラを接続しても使えないという問題があります。

www.monoist.work

最近、ZOOMでミーティングすることが多くなってきたので困る……。

ということで、iPhoneをWebカメラにしてしまう方法を解説していきます。

iPhoneをMacのWebカメラにするEpocCAM

AppleさんがMacのカメラとしてiPhoneを使えるようにしてくれても良さそうなものですが……そんな機能はないので、この「EpocCAM」というアプリを使います。

www.elgato.com

 

基本的には、iPhone用のアプリになっているので、App StoreからiPhoneにインストールします。

 

有料版のアプリもありますが、ZOOMでミーティングをするくらいなら、無料版のEpocCAMで十分使えます。

 

次にMacにドライバをインストールします。

こちらからダウンロードしてください。

www.elgato.com

 

「EpocCAM」を選択して「Mac」を選択するとダウンロードできます。

ダウンロード

ダウンロードされたpkgファイルを開いてインストールしておきましょう。

iPhoneをMacのWebカメラにする使い方

Macにドライバをインストールすれば、あとはiPhone側の操作だけで接続できるようになります。

EpocCAMのアプリを開きます。

EpocCAMアプリ

 

「開始」をタップします。

開始

 

先ほどMacにドライバをインストールしたので、ここは「次へ」をタップします。

次へ

 

iPhoneとMacを同じWi-Fiに接続するか、USBで接続したら「次へ」をタップします。

次へ

 

「カメラにアクセスを許可」をオンにして、「ネットワークにアクセスを許可」もオンにします。

許可できたら「完了」をタップします。

許可できたら完了

 

すると、カメラの映像が表示されます。

カメラの映像

 

もう既にMacとは接続されていますので、Macのほうを見てみましょう。

MacのZOOMでiPhoneをカメラとして使う

例えばMacのZOOMで、iPhoneをカメラとして使ってみます。

 

iPhone側の操作でMacとは接続されているので、Mac側ではZOOMを起動するだけでカメラとして使えます。新規ミーティングを開いてみると、このようにiPhoneのカメラの映像がZOOMに表示されています。

iPhoneのカメラの映像

 

ビデオの設定を見てみると、「EpocCam」という名前のカメラとしてiPhoneが認識されています。

EpocCAM

 

これで、iPhoneをMacのWebカメラにできましたね。

他のアプリでも同様に使えるはずです。

一度接続できたら、次はiPhoneのアプリを起動するだけでMacと接続してくれるので、とても簡単に使えます。

iPhoneのアプリを起動するだけ