monoist.work

デジタルクリエイターのブログ

macOS VenturaでiPhoneをWebカメラとして使う方法(と連携カメラをオフにする方法)

macOS Venturaの大きな機能追加は、ステージマネージャーと、今回紹介するiPhoneをMacのカメラとして使える「連携カメラ」機能だと思います。

 

今回は、このiPhoneをMacのWebカメラとして使う方法を解説していきます。

macOS VenturaでiPhoneをカメラにする方法

何か設定する項目があるのか…と思っていましたが、macOS Venturaを使っていて、iPhoneをiOS16にすれば、自動的にこの機能はオンになっています。

例えば、Photo Boothを開くとこのような表示が出てきます。

このような表示

 

「続ける」をクリックすると、この表示が消えてしまうのですが……。

大丈夫です。

Photo Boothであれば、カメラメニューからiPhoneのカメラを選択できるようになっています。

iPhoneのカメラを選択

ZOOMでiPhoneをカメラにする方法

ZOOMでiPhoneをWebカメラにする方法も簡単です。

ZOOMのミーティング画面で、iPhoneのカメラを選択します。

iPhoneのカメラを選択

 

そして、「ビデオの開始」ボタンを押してビデオをオンにすると……

ビデオをオン

 

iPhoneのカメラからの映像が映され、相手にもiPhoneのカメラの映像が配信されます。

iPhoneのカメラの映像

macOS VenturaでiPhoneの連携カメラをオフに

iPhoneをWebミーティングのカメラにすれば、手元の資料を映せたり便利なのですが……ふと、他のアプリを立ち上げたときに、いちいちiPhoneに接続されるのがめんどくさい……ということもあると思います。

 

VenturaとiPhoneの連携カメラをオフにするには、iPhone側の設定が必要です。

iPhoneの設定で「一般」をタップします。

一般をタップ

 

次に「AirPlayとHandoff」をタップします。

AirPlayとHandoff

 

ここに「連携カメラ」のスイッチがあるのでオフにします。

スイッチをオフ

 

これで、自動的にiPhoneのカメラに接続される、ということがなくなります。

カメラが認識されない

 

macOS VenturaでiPhoneをカメラにできない!?

この連携カメラは、macOS VenturaとiOS16で使える機能です。

もし、VenturaでiPhoneにつながらないという場合は、iOS15の可能性があります。

 

もしくは、「一般>AirPlayとHandoff」の設定がこのようになっていないと、iPhoneがmacOS Venturaに接続できません。

Handoffの設定

 

macOS MontereyでiPhoneをWebカメラとして使う方法

そもそも……。

先代のmacOS Montereyは、普通のWebカメラを接続することができません。

www.monoist.work

 

そこで、今のわたしはアプリを導入して、macOS MontereyでiPhoneをWebカメラとして使っています。

www.monoist.work

 

この機能が、正式にAppleからリリースされたので、歓迎すべき機能追加ですが、macOS Montereyって安定しているので、もしMontereyを使い続けたいなら、上記の方法が役立つと思います。

Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。