monoist.work

デジタルクリエイターのブログ

macOS VenturaでiPhoneをWebカメラとして使う方法

macOS Venturaの大きな機能追加は、ステージマネージャーと、今回紹介するiPhoneをMacのカメラとして使える「コンティニュイティカメラ」機能だと思います。

 

今回は、このiPhoneをMacのWebカメラとして使う方法を解説していきます。

macOS VenturaでiPhoneをカメラにする方法

何か設定する項目があるのか…と思っていましたが、macOS Venturaを使っていて、iPhoneをiOS16にすれば、自動的にこの機能はオンになっています。

例えば、Photo Boothを開くとこのような表示が出てきます。

このような表示

 

「続ける」をクリックすると、この表示が消えてしまうのですが……。

大丈夫です。

Photo Boothであれば、カメラメニューからiPhoneのカメラを選択できるようになっています。

iPhoneのカメラを選択

ZOOMでiPhoneをカメラにする方法

ZOOMでiPhoneをWebカメラにする方法も簡単です。

ZOOMのミーティング画面で、iPhoneのカメラを選択します。

iPhoneのカメラを選択

 

そして、「ビデオの開始」ボタンを押してビデオをオンにすると……

ビデオをオン

 

iPhoneのカメラからの映像が映され、相手にもiPhoneのカメラの映像が配信されます。

iPhoneのカメラの映像

 

macOS MontereyでiPhoneをWebカメラとして使う方法

そもそも……。

先代のmacOS Montereyは、普通のWebカメラを接続することができません。

www.monoist.work

 

そこで、今のわたしはアプリを導入して、macOS MontereyでiPhoneをWebカメラとして使っています。

www.monoist.work

 

この機能が、正式にAppleからリリースされたので、歓迎すべき機能追加ですが、macOS Montereyって安定しているので、もしMontereyを使い続けたいなら、上記の方法が役立つと思います。