monoist.work

デジタルクリエイターらしいです…。

APFSのIntel MacにmacOS Catalinaをインストールする方法

macOS 12のベータが安定してきているので、仕事用のマシンをmacOS 12にしました。検証用にmacOS 11も欲しい……。しかしうちのMacBook Proはインターネットリカバリができないんですよね。

ということで、バックアップ環境としてCatalinaを外付けドライブにインストールしておきます。

macOS Catalinaをダウンロードする方法

このページからCatalinaをダウンロードできます。

以前のバージョンの macOS を入手する - Apple サポート (日本)

Catalinaのダウンロード

 

ダウンロードするためには、現在のMacの環境がCatalinaに対応しているかSafariがチェックするので引っかかるとダウンロードもできません。念の為、このリンクからもダウンロードできるようにしておきます。

Mojaveもダウンロードできますが、APFSにしてしまうとCatalinaしか選択肢がないようですね。インターネットリカバリできるIntel Macの場合は「Shift+Option+Command+R」で工場出荷時のmacOSがインストールされます。

Intel MacにmacOS Catalinaをインストールする

Catalinaさんをずっと使っていたのですが、Intel Mac対応の最後のmacOSで、AFPSに対応してくれているのが大きいですね。macOS BigSurやmacOS Montereyからでもダウングレードしたり、外付けハードドライブにインストールができます。

 

先ほどのリンクからダウンロードを開始すると、「Catalinaをインストールする」というアプリができます。インストールアプリを開いて、システム要件はAPFSであることが確認できたらこのようにインストールが始まります。

インストール画面

 

利用規約に同意して「全てのディスクを表示」をクリックすると外付けドライブにもインストールできます。

全てのドライブ

 

あとは問題なく再起動されればドライブにインストールされたCatalinaが立ち上がります。

再起動

 

もうすぐmacOS Montereyが出るころになって、MacBook Pro(2018)にmacOS BigSurを入れてみましたが、わりとさくさく動きますね。ただしRosetta経由→BigSur経由→Intel Macというアプリになると劇遅いですね……。Rosetta経由で安いM1 Macの方が速いです。