MONOIST

デジタルクリエイターらしいです…。

【Mac】Affinity PhotoやDesignerにフォントを追加する方法

Affinity Photoに移行してちょっと不満があるとすれば、MacのヒラギノStdでW9が使えないことです。暫定的にMacに似たようなフォントを追加することで対策できます。Desinerでも同じように対応できるので、この記事では追加フォントをAffinity製品で使う方法を解説していきます。

注:W9が使えない問題はバージョン1.10.1で一時的な対応が行われているようです。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

Affinity PhotoやDesinerで使うフォントをインストールする

フォントはまずmacOSにインストールする必要があります。

この記事ではわたしがよく使うM+フォントをインストールしていきます。

M+フォントをダウンロードする

ちょっとM+フォントはダウンロードがわかりにくい……ですが、フリーライセンスのフォントとしてはとても使える優れたフォントです。M+ FONTのダウンロードページからダウンロードしたいフォントのウエイトを選択します。

github.com

今回はわたしがYouTubeのサムネイルでよく使う「Black(超極太)」を使います。

Black

 

ダウンロードのページが開くので「Download」ボタンをクリックします。

ダウンロード

すると「ttf」というMacのフォントファイルがダウンロードされます。

フォントファイル

Macにフォントをインストールする

ttfファイルを開くとインストールのウインドウが開くので「フォントをインストール」をクリックします。

フォントインストール

 

これでフォントがインストールされました。

Affinity PhotoやDesinerで追加したフォントを使う

基本的にMacにインストールするだけで使えるようになるはずです。

Affinity Photoを開いて「アーティスティックテキストツール」でフォントをみてみると「M PLUS 1」という追加したM+フォントが使えるようになっています。

M PLUS 1

 

Affinity Desinerでも同様です。

Affinity Desiner

 

フォントの太さが選択できませんが、これは「Black」だけしかインストールしていなからです。同じフォントの「Bold」などをインストールすれば、フォントの太さを指定できるようになります。

 

Affinity Photoの魅力はやはり買い切りアプリならではの安さです。Photoshopより圧倒的に安い上にほとんどの同じことができることになります。MacのApp StoreからダウンロードすればMacの台数もアップデートも気にすることなく使えるので安心して使えます。

Affinity Photo

Affinity Photo

  • (Serif Labs)
  •