MONOIST

ネットでお金を稼ぐということ。

SEO対策はできてる?ブログのタイトルと見出しを決める3つの方法!!

SEO対策イメージ

ブログをGoogle検索からの流入で稼ぐためにはSEO対策が必要になってきます。その中でも「タイトル」と「見出し<h2>」が特に重要です。今回はその方法論をご紹介します。

SEO対策を考えたタイトルのつけ方

タイトルはSEO対策で一番重要な項目となります。ここで記事の内容を要約することによってGoogleに「その情報が書いてある」と認識させることになります。例えば、この記事ではSEOキーワードとして「SEO対策」「方法」を設定しています。

 

まずタイトルの先頭に近い部分に第一キーワードを入れます。そして、30文字までくらいにタイトルを収めるのが良いでしょう。検索結果として長いタイトルは最後が省略されてしまいます。

 

タイトルが省略されてしまうまでに第二キーワードを入れる必要があります。今回は「方法」ですので、その言葉でタイトルを締めています。

SEO対策をした上でクリックされるタイトルをつける

SEO対策をすることによって、Googleの検索結果が上位に表示されることを狙います。しかし表示されるだけではブログへのアクセスはありません。タイトルがクリックされる必要があります。そのテクニックは「疑問形」です。 

 

この記事であれば、「SEO対策の基本!」と「SEO対策はできてる?」とキーワードを入れつつタイトルの前半を考えることができますが、「できてる?」と疑問形にすることで明らかにクリックされる可能性が高くなります。

 

疑問形のタイトルを読むことで、検索結果を見ているユーザーの頭の中にも疑問が生まれます。その答えを知りたくなるのがユーザー心理。そしてクリックに至ります。これはちょっとしたテクニックですが、確実に効果があります。

 

この記事は「3つの方法」としましたが、「〇〇の方法」と限定することでもクリックされる可能性が高くなります。ただしこの手法は少し古くなっています。以前ほどの効果はありませんが、有効な方法ではあります。

見出しを繰り返しつけることでSEO対策を行う

さて、肝心の3つ目の方法「見出し<h2>」のつけ方ですが、皆さん気づいているでしょうか。ここまで見出しをつけてきましたが、全ての見出しにターゲットキーワードである「SEO対策」が入っています。 

 

その分、日本語としては少々スマートではありません。SEO対策の記事であることはタイトルで伝わっているため、見出しでわざわざ「SEO対策」と書く必要は本来ならありません。

 

しかしターゲットとなるSEOワードを見出しに繰り返し入れることは、想像以上に効果があります。Googleに検索結果のターゲットとなる文章を書いているのだと繰り返し、明確に伝えることで検索結果の上位表示につながります。

 

このターゲットキーワードを見出しに入れるSEO対策は、不自然にならないように少々練習が必要になってきます。しかし、確実に効果がありますので、ぜひ押さえておきましょう。