MONOIST

ネットでお金を稼ぐということ。

はてなブログで独自ドメインを使う意味ってあるの?サブドメインの方がいい?

ブログイメージ

このブログははてなブログを使いつつ、独自ドメインで運用しています。はてなブログで独自ドメインを使う意味はあるのでしょうか。今回は、はてなブログで独自ドメインを使った場合のメリットとデメリットをご紹介していきたいと思います。

はてなブログで独自ドメインを使うデメリット

はてなブログで独自ドメインを使う最大のデメリットは「はてなブログのドメインパワーを使えない」ということです。

 

わたしは他にはてなブログのサブドメインでアフィリエイトブログを運用しています。はてなブログのサブドメインだと、明らかにGoogleの検索結果で上位に表示されやすくなります。はてなブログの「hatenablog.com」のドメインパワーがどれほどサブドメインの評価に関係するかはわかりにくいところなのですが、明らかに検索結果の順位に影響しています。

 

独自ドメインを使うとGoogleの権威性の指標である「ドメインの年齢」や「関連記事の多さ」などが全てゼロの状態で始めることになります。

 

数字の感覚で説明すると、はてなブログのサブドメインで20記事書けば、マイナーなキーワードであればそのキーワードのトップを取れます。

それを独自ドメインで取ろうとすると、30記事以上必要になってくる感覚です。

さて、そのデメリットを超えるだけのメリットはあるのでしょうか。

はてなブログで独自ドメインを使うメリット

はてなブログで独自ドメインを使うメリットとしては以下のものが上げられるでしょう。

  • 高速なレスポンスのサーバ
  • 暗号化などの管理が要らない
  • アフィリエイトは公認されている
  • 月額1,000円以下の維持費

 

「独自ドメインで運用する」という前提で考えると、かなり良いサービスです。

月額1,000円以下の維持費にも関わらず、サーバのレスポンスは高速で行われます。ブログを開くときに読み込みの時間がかかるようであればGoogleの評価は下がりますが、その心配はありません。HTTPSもチェックを入れるだけで使えるので、これもGoogleの良い評価に繋がります。

 

WordPressとレンタルサーバで運用すると、サーバのスペックに応じた費用がかかってくるようになります。これはかなり大きな金額になります。サーバのスペックを上げる必要があるのか、WordPressのテーマが重すぎるのか、画像を使いすぎているのか、レンタルサーバを運用する知識も必要になってきます。

 

そのあたりを考えると「月額1,000円以下」というのはかなり魅力的です。

 

アフィリエイトも公認されているので、使いやすいレンタルサーバです。

しかし出会い系やアダルトが禁止なので、そこをどう捉えるか考える必要があるでしょう。

個人的には、出会い系やアダルトのアフィリエイトは競争が激しすぎるので(その分儲かるということでもありますが)、参入の厳しさを考えると特にデメリットではないと思います。

はてなブログのサブドメインでの運用も考える

ブログレンタルサービスとしては、はてなブログは良いサービスです。独自ドメインで運用したいという強い思いがあれば、はてなブログで独自ドメインを使うのは良い選択でしょう。

 

独自ドメインを使っても、はてなブログの利用規約が緩くなるわけではありません。

その意味でサブドメインのメリットを捨ててまで、独自ドメインにこだわるかと考えると、しっかりどのようにマネタイズしていくのか戦略を立ててから始めた方が良さそうです。

www.monoist.work