MONOIST

ネットでお金を稼ぐということ。

【2019年】Google検索のSEO対策が一気に変わる新常識!!

f:id:okmr_pierre:20181224082218j:plain

もう気づいている方も多いと思いますが、2018年の夏頃から明らかにGoogleの検索順位が変わっています。ひとつは検索結果に動画が含まれるようになったこと。そしてもうひとつは「答え」を表示していることです。

 

2020年のSEO対策について解説しましたので参考にしてください。

SEO対策で初心者がおさえておくべき基本的な考え方【2020最新】

【初心者向け】SEO対策を具体的に実践する方法【2020年最新】

GoogleのSEO対策は「網羅性」から「答え」へ

 少し前までのGoogleの検索結果に対するSEO対策は「網羅性」でした。キーワードについて、どれだけ詳しく書かれているか。関連する項目についても書かれているか。つまりそのページを見れば、全てのことがわかる。それが検索の上位に表示されていました。

 

しかしこれが大きく変わっています。総合的に書かれた網羅性のある記事は下位に表示され、検索した人が得たい情報そのものだけが書いてある記事が上位に来るようになっています。

具体例でみるGoogleのSEO対策

例えば「インスタ ログイン」と検索した場合をみてみましょう。

f:id:okmr_pierre:20181224080441p:plain

上位の検索結果は、「インスタにログインできない」「パスワードを忘れた」「オンライン状態がわかる」と単発の質問に答えた記事が並んでいます。その下を見てみましょう。

f:id:okmr_pierre:20181224080636p:plain

「インスタグラムの使い方」「インスタグラム対処法まとめ」これらのような「総合的に解説した記事」が単発の質問より下に表示されています。「インスタにログインできない」という内容はこれらの記事にも含まれていますが、下位にとどまっています。

 

以前はこうではありませんでした。総合的にインスタグラムのログインを解説した記事がトップで盤石の地位を築いていたのです。時代は変わっています。

Googleの2019年3月アップデートでSEO対策に激震

3月12日くらいからGoogleの表示順位を決めるコアアルゴリズムのアップデートがありました。かなり影響が大きく、サイトはPVが半減したところもあります。

 

このアップデートの印象として、「ドメイン価値」がかなり重要になったと感じます。記事の内容が薄くても信用のおける公式サイトの方が上位に表示されるのです。例えば「LINE パスワード」と検索してみると、ノートンセキュリティがトップとなり、LINEの公式サイトも入っています。

 

LINEパスワード検索トップ

 そしてその次に「ピンポイントで答えを示している」記事が並びます。

LINEパスワード検索下位

GoogleのSEO対策は新規ブロガーにとって朗報

Googleの検索上位に表示されるには「サブドメインの年齢」が必要でした。しかしそれを上回る評価として、「ピンポイントで答えを示している」記事が評価されるようになったように思われます。

 

サブドメインの年齢はあまり大きく評価されなくなったというよりも「サブドメインの価値」の方が重要になりました。これはそのサブドメインで関連の記事がどれくらいあるか、その分野での「権威」がどれくらいなのかが順位を決めるということです。

 

サブドメインの年齢は新規ブロガーにとって超えられない壁です。しかしサブドメインの価値であれば、しっかりと記事を書いて積み重ねていくことで追い抜くことができます。これは新規ブロガーにとって朗報でしょう。