monoist.work

デジタルクリエイターのブログ

Macでやっと使えるGIFアニメ作成アプリがあったので紹介!

MacでGIFアニメーションを作りたい

わたしはブログの画像を編集するアプリをPhotoshopからAffinity Photoに乗り換えています。

www.monoist.work

Affinity Photoには十分な機能があるのですが、唯一足りないのはGIFアニメの作成です。Photoshopでは動画ファイルも扱うことができますが、Affinity Photoでは扱うことができません。しかしPhotoshopより何倍も優秀なGIFアニメ作成アプリを見つけたのでご紹介したいと思います。

GIFアニメーション作成アプリ「Gif Brewery 3」

今回ご紹介するのはこのアプリです。

GIF Brewery 3

  • (GfyCat, Inc.)
  •  

 

英語版のアプリですが非常に安くて十分な機能があります。使えば使うほど、ブログで使うようなGIFアニメーションの作成に最適だと実感していて、このアプリを買ったことで、操作の解説ブログがとてもわかりやすくなったと思っています。

操作解説画像

 

見ていただいた通り610円のアプリです。Apple純正のアプリだと「Compresser」がありますが6,100円です。1/10の金額で純正アプリ以上にGIFアニメーションが扱えます。

Gif Brewery 3で基本的なGIFアニメーションを作成する方法

ブログでGIFアニメーションを使う場合、重要なのはサイズの圧縮です。アニメーションの長さはQuicktimeなどでトリムできますが、全体の大きさを小さくしておくとサーバに負荷がかかりません。

 

実際にGIFアニメーションを作ってきます。

画面収録の動画をGif Breweryで開いて「Resize」をクリックして、横を640pxにします。

Resize

 

動画から抜き出すGIFアニメーションの開始位置と終了位置を決めます。画面収録で撮っておいた動画を抜き出して使えるのでとても便利ですね。

開始位置と終了位置

 

「Setting」をクリックしてGIFアニメーションのフレーム数を設定します。実際の操作では13秒かかっていますが、GIFで50フレームx100msの5秒に圧縮できて、ファイルサイズも小さくできます。

GIFアニメーションのフレーム数

 

「Create」をクリックするとGIFアニメーションのプレビュー画面になります。GIFを保存する前に「227kB」のGIFアニメーションになるとわかるのも良いですね。

プレビュー画面

 

「Save」をクリックするとGIFアニメーションが保存されます。

操作解説画像

 

この記事のGIFアニメーションもGIF Breweryで作っていますが、わかりやすくなっていると思うのと、操作イメージも湧きやすいですよね?幅を640pxに圧縮しておいて「width」で820pxを指定するのも、サイズを圧縮しながらわかりやすくするポイントだと思います。

 

 

GIF Brewery 3

  • (GfyCat, Inc.)
  •  

 

ちなみに、画面操作の画面録画をしたら、Final Cutで編集することが多いです。

別ブログの記事も合わせて参考にどうぞ。

studio.monoist.work