monoist.work

デジタルクリエイターらしいです…。

【Mac】Affinity Photoで自由変形をする方法【Photoshop?】【Mac】

ずっとPhotoshopを使ってきたけれど、フル機能のPhotoshopは必要ない…。そんな場合にはAffinity Photoにすればほどんど同じ操作で使えるので便利です。しかしちょっとPhotoshopとは操作が違うので、今回は「自由変形」について解説していきます。

自由変形が編集メニューにないAffinity Photo

わたしがPhotoshopで「自由変形」をする際には「編集」メニューの自由変形を使ってきました。ちゃんとメニューに書いてあるのでわかりやすい…。しかしAffinity Photoには「自由変形」というメニューはありません。

例えば、この写真のタイトルを自由変形したいとしましょう。

タイトル

 

自由変形したいレイヤーを選択して「移動ツール」をクリックします。

移動ツール

 

この「移動ツール」で「角」にある点をドラッグすれば大きさが変えられます。

角

 

例えば「横」にある点をドラッグすると横の比率が変わります。

横

Affinity Photoの自由変形ってすごい!けどラスタライズも解説

本来、というよりPhotoshopの場合は、自由変形をするのであれば基本的に「ラスタライズ」してから行う必要があります。その点、Affinity Photoはラスタライズせずに自由変形できてしまうことがすごいのかもしれません。

 

「ラスタライズ」という聞き慣れない言葉は、画像編集アプリ共通の言葉のようです。今後Affinity Photoを使っていくなら重要な機能になってくるかもしれないので、ラスタライズも解説しておきます。

ラスタライズしたいレイヤーを右クリックして「ラスタライズ」を選択します。

ラスタライズ

 

すると「テキスト」だったレイヤーが「ピクセル」レイヤーに変更されます。

ピクセルレイヤー

 

これがラスタライズという機能です。

文字情報などを捨てて、単なる画像(=ピクセル)に変換します。それだけの機能ですが、例えばMac版とWindows版で入っているフォントが違っても、同じ画像として扱うことができます。

 

画像であっても、自由変形は「移動ツール」を使うというAffinity Photoの操作は変わりません。

移動ツール

 

ラスタライズがわかるようになってくると、レイヤーエフェクトをラスタライズして、もう一度レイヤーエフェクトを使ったりできます。

レイヤーエフェクト

 

レイヤーエフェクトはよく、YouTubeやインスタのサムネイルで使います。

そんな記事も書いているので参考にしてみてください。

www.monoist.work

Affinity Photoの魅力はやはり買い切りアプリならではの安さです。Photoshopより圧倒的に安い上にほとんどの同じことができることになります。MacのApp StoreからダウンロードすればMacの台数もアップデートも気にすることなく使えるので安心して便利に使えます。

Affinity Photo

Affinity Photo

  • (Serif Labs)
  •