monoist.work

デジタルクリエイターらしいです…。

Macで動画編集をするおすすめショートカット【Filmora】

わたしはYouTubeでFinalCutとPhotoshopを使って収益化を担当しました。YouTubeは収益が大きいですがYouTubeを個人で始めるとかなり厳しいのが現状です。個人でYouTubeやインスタで動画を編集する時にはアプリが高すぎると感じます。

そこでおすすめしたいのがFilmoraという動画編集アプリです。

使っているとだんだん覚えるFilmoraのショートカット

ショートカットを確認するにはアプリメニューの「キーボードショートカット」で確認することができます。ショートカットを忘れても確認できます。

キーボードショートカット

 

Filmoraでよく使うショートカットはだんだんと覚えていきますが、このショートカットはMacのショートカットと一緒なので覚えやすくなっています。

Macのショートカット

 

矢印キーもショートカットになっていて、この矢印キーもよく使います。

矢印キー

←:編集点を前へ

→:編集点を後ろへ

↑:編集点をそのカットの一番前へ

↓:編集点をそのカットの一番後ろへ

前と後ろはわかりやすいですが、上と下も慣れてくるとよく使うので自然と覚えることになります。

これだけでも覚えたいFilmoraのおすすめショートカット

FilmoraのショートカットはFinal Cutとほとんど一緒になっていて、覚えておいて損をすることは何もありません。もし下請けとしてFinal Cutで動画編集することになっても対応できます。

動画の編集を仕事にすると延々と毎日動画編集をすることになります。この際にはショートカットを使うことがほぼ必須の条件になってきます。これだけでも最初に覚えておくと一気に楽になる3つのショートカットです。

 

ショートカットの画面で「編集」をクリックします。

ショートカット画面

 

この3つのショートカットを覚えておくと動画編集が格段に速くなります。

動画編集ショートカット

分割:Command+B

編集開始点から再生ヘッドまでトリム:Option+[

編集終了点から再生ヘッドまでトリム:Option+]

 

覚え方としては動画編集の画面の見た目で覚えてしまいましょう。

動画編集の画面

トリムという動画編集用語がわかりにくいのですが、動画の最初を作るのが「 [ 」で、動画の最後を作るのが「 ] 」、途中の位置で分割するのが「B(Bunkatsu)」という覚え方で大丈夫です。「B」の由来はFinal Cutの「ブレード」という操作なのでBになっています。

もっと高速に編集したいときのショートカットおすすめ設定

動画編集をするときに、延々と繰り返すのがカット編集です。先ほどの3つのショートカットを延々と繰り返すことになります。だんだんとショートカットのCommandやOptionがめんどくさくなってきます。

 

そのときにはこのように修飾キーを無くしてしまえば高速で編集できるようになります。

修飾キーなし

もしCommandとOptionがどっちか覚えにくいのであれば、最初からこの設定にしておいても大丈夫です。後々必要になっても初期設定に戻すことができます。

 

この設定にするにはまずショートカットが表示されている部分をクリックします。

ショートカット表示

 

入力待ちの状態で「B」を押します。

「B」

 

そして次のショートカットの部分をクリックするか「OK」をクリックすることで決定できます。

ショートカット決定

 

「 [ 」と「 ] 」については既に設定されているショートカットと重複しますが、無視して設定してしまっても特に問題ありません。「 [ 」と「 ] 」というキーの考え方は共通しています。

 

FilmoraはFinal Cutの1/3の価格なので自信を持っておすすめできるアプリになっています。

今なら割引クーポンが配られているので他にはない割引が受けられます。

 

www.monoist.work