monoist.work

デジタルクリエイターらしいです…。

【Mac】Affinity Photoのカラーピッカーが独特なので使い方を解説

PhotoshopからAffinity Photoに乗り換えてからしばらく経ちましたが、機能的には満足しています。ただちょっとまだ洗練されていない部分があり、特にカラーピッカーの使い方がわかりにくかったので解説していきます。

MacのAffinity Photoでカラーピッカーを設定する

そもそもAffinity Photoのカラーピッカーがどこにあるのかわからないですよね。

カラーウインドウのこの部分がカラーピッカーです。

カラーピッカー

 

使い方もちょっと独特で、カラーピッカー部分をドラッグするとカラーピッカーになります。

ドラッグ

 

Windowsの場合は必要ありませんが、Macの場合はこのようにプライバシーの警告が出ます。

プライバシー警告


詳しい說明は省いて、プライバシーの画面収録でAffinity Photoを許可して、アプリを再起動するとカラーピッカーが使えるようになります。

画面収録設定

MacでAffinity Photoのカラーピッカーを使う方法

カラーピッカー部分をクリックしてドラッグするとカラーピッカーが使えます。マウスの位置の色が拡大されて円で表示されています。

カラーピッカー

 

選択したいところでクリックを離すとその地点の色が検出されます。

色の検出

 

カラーピッカーで検出した色を使うには、カラーピッカーのボタンをクリックすることで前面の色として選択できます。

色の選択

 

あとは例えば「塗りつぶしツール」で塗れば、同じ色が塗れるようになります。

塗りつぶしツール

 

Affinity PhotoはPhotoshopの主要な機能が全てあるので、仕事に使っていても全く問題なく使えます。特にインスタで使えるような使い方をまとめた記事があるので興味があったらみてくださいね。

www.monoist.work


Affinity Photoの魅力はやはり買い切りアプリならではの安さです。Photoshopより圧倒的に安い上にほとんどの同じことができることになります。MacのApp StoreからダウンロードすればMacの台数もアップデートも気にすることなく使えるので安心して便利に使えます。

Affinity Photo

Affinity Photo

  • (Serif Labs)
  •