monoist.work

デジタルクリエイターのブログ

macOS Venturaをクリーンインストールする方法とUSBインストーラーの作り方

日本時間12月25日に、macOS Venturaがリリースされましたね。

パブリックベータから検証していたので、移行しましたがそれでも結構問題が発生しました。

まず、この記事ではmacOS Venturaをクリーンインストールする方法を解説していきます。

macOS VenturaのUSBインストーラーを作成する

M1とM2に加えてT2チップのMacが混在しているので、共通して使えるクリーンインストールのやり方はUSBメモリのインストーラーを作ることです。

ですのでまずは、USBインストーラーを作る方法を紹介します。

 

注意点として、M1 MacでまだBig Surの場合は、USBでインストールしたほうが絶対に安全です。

たいへんなことになりましたので……。

www.monoist.work

 

 

Macのリカバリモードでもクリーンインストールできますが、ややこしくなるのでMontereyの際に書いた方法と同じ方法で、クリーンインストールできます。

参考にどうぞ。

www.monoist.work

USBメモリを用意する

まずはUSBメモリが必要です。

サイズが13GBくらいあるので、16GB以上のメモリを買うか、フォーマットしてもいいなら外付けのSSDなどでも代用できます。

でも、トラブルがあった時に便利なので買っておくといいと思いますよ。

 

macOS Venturaをダウンロードする

次にVenturaのOSインストーラーをダウンロードします。

このリンクを開くとApp Storeに繋がるのでそこからダウンロードします。

macOS Ventura

macOS Ventura

  • Apple
  • ユーティリティ
  • 無料

apps.apple.com

実際のダウンロードはソフトウェアアップデートを通じてダウンロードされます。

もし、この時点でダウンロードできない場合は、お使いのMacがVenturaに対応していません。

 

ダウンロードが完了したらインストーラーが開きます。

Dockのインストーラーを右クリックして「終了」を選択して……

終了を選択

 

インストーラーを終了してください。

インストーラーを終了

 

終了すると、OSのインストーラーが「アプリケーション」フォルダに入っている状態になります。

アプリケーションフォルダ

この準備ができたら実際にインストーラーを作成していきます。

macOS Venturaのインストーラーを作成する

macOSのインストーラーを作成するためには、「ターミナル」を使います。

「アプリケーション>ユーティリティ」の中に「ターミナル」があるので開きましょう。

ターミナルを開く

 

ターミナルで以下のコマンドを実行します。

sudo /Applications/Install\ macOS\ Ventura.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/Volume

日本語キーボードだと「\(バックスラッシュ)」が打ちにくいと思うので、上のコマンドをコピーして、最後の「Volume」は自分のUSBメモリの名前に変更してください。

 

わたしはUSBメモリを「macOS」という名前でフォーマットしたので、以下のように実行しています。

コマンドを実行

パスワードを入力したら、「続けますか?」的なことを聞いてくるので「y」を押すと、USBのインストーラー作成が始まります。

インストーラー作成画面

80倍速くらいにしていますので、かなり時間がかかります。

 

最終的に、「Install media now available」と表示されれば完了です。

Installer

 

もし、このコマンドでエラーがでるようなら、USBメモリのフォーマットがAPFSになっているからかもしれません。ディスクユーティリティで「macOS拡張(ジャーナリング)」「GUIDパーティションマップ」で消去すると、うまくいくはずです。

消去する

 

 

これで、USBインストーラーが作成できたので、次はインストーラーを起動する方法です。

macOS Venturaのインストーラーからクリーンインストールする

まずMacをシャットダウンしましょう。

 

そして起動オプションを表示させます。

M1やM2のMacは電源ボタンを10秒間押し続けます。

T2チップのMacはOptionボタンをAppleマークが出るまで押し続けます。

10秒間押し続ける

 

すると起動オプション画面が表示されて、Venturaのインストールとオプションが表示されると思います。

起動オプション画面

 

「Options」を選択して、「ディスクユーティリティ」からハードドライブを消去しておくと、クリーンな感じがするのでやりますが、面倒ならしなくてもいいと思います。

ハードドライブを消去

ハードドライブを消去した場合

ハードドライブを消去した場合は、アクティベーションロックがかかるので、まずWi-Fiに接続して……

Wi-Fiに接続

 

Apple IDを入力してアクティベーションする必要があります。

Apple IDを入力

M1やM2MacはもうほとんどiPhoneのような仕組みになっていて、盗まれても大丈夫になりましたね。

macOS Venturaをインストールする

「Install macOS Ventura>Continue」とクリックすると、クリーンインストールが始まります。

macOS Ventura Install

 

あとは従っていくだけですね。

Venturaインストール

macOS Venturaをクリーンインストールして試したこと

VenturaでもRosettaは健在ですので、Intel用のアプリでも動かせます。

Rosetta

 

M2 Macだからかもしれませんが、Montereyのときと比べて、Ventura+Rosettaは遅いような気がします。Intel MacにVenturaを入れてもそんな感じはないので、なんとも言い難いところではあります。

 

それと、ずっとGoogle IMEを使っているので、インストールしたら使えない!

ってなりましたが、再起動するとOSから認識されて使えるようになりました。

今は自分でキーボードを追加する必要があります。

キーボードの追加

これは後々、Googleさんがちゃんと対応してくれると思っています。

 

それと、すべてのアプリをインストールできるようにするコマンドも有効です。

sudo spctl --master-disable

すべてのアプリをインストール

 

ちょっとまだ、macOS Ventura対応ができていないアプリなどもあるので、もうちょっと環境が整ってからの方がいいかも知れませんが、Montereyやその前のBig Surの時よりはマシな状況という印象を持っています。

www.monoist.work

www.monoist.work

Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。