MONOIST

ネットでお金を稼ぐということ。

【Amazonアソシエイト】【もしもアフィリエイト】両方に登録すべき理由!

アフィリエイトイメージ

Amazonの商品をアフィリエイトしたい。Amazonのアフィリエイトは信頼性が高く、クリックされる率も非常に高い商材です。Amazonのアフィリエイトをしたいとなると第一選択としてはAmazonアソシエイトですが、同時にもしもアフィリエイトにも登録しておいた方が安心です。その理由を解説します。

Amazonアソシエイトの審査基準が厳しくなった?

Amazonの公式なアフィリエイトである「Amazonアソシエイト」には審査があります。
Amazonアソシエイトへの審査を申し込むと、このようなメールが届きます。

アソシエイトメール

ただしアソシエイトパートナーはアカウントを維持するために、アカウント作成から180日以内に少なくとも3つの適格販売が必要です。

これはどういうことか。
最初に申請すると3日以内に簡単な審査が行われ「リンクを貼ってもよい」という権利を得ます。
その権利を得てから「180日以内に3つ」の商品を「適格販売」しないといけません。
この条件は特にアフィリエイト初心者にとって厳しく感じられます。

Amazonアソシエイトの適格販売とは?

「180日以内に3つ」販売しないといけないのはイメージしやすいでしょう。
では「適格販売」とは何でしょうか。
プログラム運営規約ではこのように定めています。

「適格販売」は、(a)お客様が乙のサイト上の特別リンクのクリックスルーにてアマゾン・サイトを訪問し、(b)同一の「セッション」中に、お客様が(i)商品をショッピングカートに入れ、お客様の最初のクリックスルーから89日以内に当該商品を注文するか、(ii)商品を甲の1-Click注文にて購入するか、(iii)商品がデジタル商品の場合は、アマゾン・サイトから商品をストリームもしくはダウンロードしまたは(iv)メンバー紹介イベントの場合は、対象のメンバープログラムに登録し、(c)当該商品がお客様宛に出荷され、お客様によりストリームもしくはダウンロードされ、かつその支払いがなされまたは登録が完了した場合に、生じたとみなされます。

簡単に言えば「Amazonのアフィリエイトリンクをクリックしたユーザーがそのまま、そのクリックした商品を買うこと」です。
キャンセルがあれば当然適格販売になりません。
注意したいのは、「アフィリエイトリンクをクリックしたものの、その時は買わなった」という場合には適格販売にならない可能性が高いことです。

 

この規約をそのまま適用するとアフィリエイトをクリックしたものの、別の商品を買ったというラッキーな(しかもよくある)販売は適格販売の中に入るように読めますが、解釈次第なのであまり期待しない方がいいでしょう。

 

アフィリエイトでクリックはされるけれども売れないというのは頻繁に起こるので、クリックしたその画面のまま買ってもらわないといけないと考えておくのが良さそうです。

Amazonアソシエイトともしもアフィリエイトに両方登録しておくべき理由

つまり、Amazonアソシエイトではリンクを貼れるようになったものの、ノルマがあるのでノルマを達成しないとアソシエイトの権利がなくなります。
ここで最初に書いたように「もしもアフィリエイトにも両方登録しておきましょう」という話になります。

 

もしもアフィリエイトにも審査があります。
「Amazonのアフィリエイトリンクを貼ってもよいか」申請時に審査されます。
審査に通れば、その後ノルマのようなものはありません


先ほど書いたようなラッキーな売上(アフィリエイトリンクとは別の商品を買った)も自分の売上として収益に反映されます。

Amazonアソシエイトに申請したら、同時にもしもアフィリエイトに申請しておくといいでしょう。
個人的にはAmazon商品の売上のほとんどをもしもアフィリエイトであげているので、もしもアフィリエイトをメインに推したいくらいです。
そのあたりはこちらの記事にしていますので参考にしてください。

www.monoist.work