MONOIST

デジタルクリエイターらしいです…。

Windowsはどうしたらいい?など、Affinity Photoの使い方まとめ【日本語】

Affinity Photo

Photoshopを仕事で使っていましたが、月々1,000円って安いんですけど、個人で使うには痛い金額なんですよね。Affinity Photoは今のアプリとしては珍しい買い切りアプリ。7,000円で買えばずっと使えます。本格的にPhotoshopからAffinity Photoに乗り換えたので使い方の記事を書いています。

Affinity PhotoのMac版とWindows版の違い

Affinity Photoは基本的にMacやiPadで使うように設計されています。同じ機能をWindowsでも使えるようにしてあると言っていいと思います。Mac版とWindows版が違うのか少しテストをしてみました。

Windowsのテスト

 

基本的にはMac版もWindows版も違いはありませんが、大きく違うのはショートカットキーだけだと思われます。Macのショートカットキーは「Command」「Option」を使いますが、Windowsのショートカットキーは「Ctrl」「Alt」を使うので当然と言えば当然です。

Windowsのショートカットキー

 

Mac版に向けてショートカットキーが初期設定されているために、Mac版では使えても、Windows版では使えないショートカットがあります。例えば、このベースラインのショートカットはWindowsには設定されていませんでした。

Macのショートカット

 

この微妙な違いが、Mac版とWindows版の違いを難しくしています。そのためわたしが書くAffinity Photoの使い方はできるだけショートカットキーを使わないようにして解説してあります。

 

例えば初心者には難しいペンツールも、ショートカットキーを使わずに解説しています。Windows版でも同じ操作で使えるはずです

www.monoist.work

 

しかし……。

PhotoshopはMacのアプリの中で一番古いと言ってもいいアプリです。そのため「Optionを押したままマウスをドラッグ」というWindowsでは考えられない操作を行います。わたしが初めてWindowsのPhotoshopを触って挫折した気持ちをやっと思い出しました…。

 

そのため別のサイトでWindowsの視点でAffinity Photoを書き直しました。

monoist.work

Macの方は引き続きこちらのブログでご覧ください

Affinity Photoの基本機能の使い方

Affinity Photoという名前のとおり、本来は写真編集アプリです。なので、写真の色味などを調整する機能の記事がこちらです。

www.monoist.work

 

写真の編集で、写ってしまったゴミを消す作業があります。わたしは写真で不要な部分を消してすっきりとした印象にすることが多いのですが、こういう細かな修正をするときには、写真に応じて消去してくれる機能が便利です。

www.monoist.work

 

自由変形はよく使う基本的な操作ですが簡単すぎてわかりにくいところがあるかもしれません。加えてラスタライズについても解説しています。

www.monoist.work

 

カラーピッカーもよく使う機能です。コンテンツに応じた消去ではうまく消えないときに、カラーピッカーで色を検出して塗りつぶしてしまえばわからなくなります。このカラーピッカーがAffinity Photoでは独特の操作だったので解説しています。

www.monoist.work

Affinity Photoの機能を応用して使う使い方

ちょっと高度なAffinity Photoの使い方も紹介していきましょう。

 

写真を撮ったときに、下から撮ってしまってパースが狂ってしまうことがあります。そういうときにはPhotoshopで遠近法ワープを使うのですが、Affinity Photoにも同じ機能があります。

www.monoist.work

 

Photoshopと言えば「合成写真」を思い出すのではないでしょうか。もちろんAffinity Photoでも合成写真が作れます。合成写真を作るときに一番難しいのは、合成するオブジェクトを切り抜いて素材にする部分です。その難しいところを解説しているのでご覧ください。

www.monoist.work

 

美大生なら写真の授業で、Photoshopで物体を消すという使い方を習うそうです。この物体を消すこともAffinity Photoで出来ます。自分で出来るようになるためには練習が必要になってきますが、Photoshopを使わなくてもできるのでチャレンジしてみてください。

www.monoist.work

 

Affinity Photoの魅力はやはり買い切りアプリならではの安さです。Photoshopより圧倒的に安い上にほとんどの同じことができることになります。MacのApp StoreからダウンロードすればMacの台数もアップデートも気にすることなく使えるので安心して使えます。

 

Affinity Photo

Affinity Photo

  • (Serif Labs)
  •