MONOIST

ネットでお金を稼ぐということ。

【断言】ブログ初心者にありがちな間違いを全て避けるにはこれしかない

若葉イメージ

このブログではライターの視点から、ブログで稼げるようにするにはどうすればいいのか発信しています。今回はブログ初心者にありがちな間違いを解説していくのですが、結論から言えばたったひとつの要素しかないと言っていいです。その理由を解説していきます。

ブログ初心者にありがちな間違いとは?

わたしもそのうちの1人ではありますが「ブログで稼げるようになるにはどうしたらいいか」解説しているブログは本当にたくさんあります。初心者であれば、どれが正しくてどれが間違っているのかはわかりません。読めば読むほどわからなくなることもあると思います。

 

ブログ初心者にありがちな間違いと言われていることをピックアップしてみましょう。

 

  • ビッグワードを狙ってしまう
  • 雑記ブログ化してしまう
  • SEOを考えないで書いてしまう
  • 読まれる記事を書いていない
  • お金を稼ぐことを第一目的としている
  • SNSをしないでブログだけ書いている
  • ゴミ記事を量産している
  • 個性が1ミリもない
  • ブログ名がだめ
  • 待てないし我慢できない
  • キーワードを無視
  • 100記事書けば稼げると思ってしまう
  • 記事数が少ない
  • 稼ぐことに消極的

ざっとピックアップしましたが、これ、統一感がないですよね。いろいろなブログに書いてあることをピックアップしているという理由もありますが、では、初心者がこれだけの間違いをせずにブログを書けるでしょうか。

 

無理ですよね。

 

なぜ無理な条件になってしまうのか仕組みを解説しましょう。
これらの条件は「ブログ 初心者 ありがち」というキーワードに向けて書かれています。読者としては、ブログ初心者にありがちな間違いを避けたいという気持ちで検索していると思います。しかし、書かれていることは、あくまでも各ブログを書いた人の個人の経験でしかないのです。

 

個人個人で「ああ、あれは間違いだった」と思うことが違うので、初心者共通の間違いというものはわかりません。初心者共通の間違いはわかりませんが、書いてあることは全て事実なのです。全て事実ですが、100人いれば100種類の間違いがでてくるでしょう。

ブログ初心者にありがちな間違いを避ける方法

間違いをいくら探しても正解はわかりません。間違いを全て避けることができれば、それは正解の道ですが、それなら正解の道を探した方が賢明です。

ではその正解の道とは何でしょうか。

 

それは「ブログをやめないこと」これだけです。

 

ありがちな間違いをいくら犯しても失敗にはなりませんが、ブログをやめると失敗に終わります。「ブログをやめない」これだけを守っておけば、前述した間違いのほとんどを避けることができます。

 

例えば「ビッグワードを狙ってしまう」「雑記ブログ化してしまう」「SEOを考えないで書いてしまう」「読まれる記事を書いていない」「ゴミ記事を量産している」このあたりはだいたい同じことを言っています。簡単にまとめると「SEO対策」の話です。

 

例えばビッグワードでブログを始めてしまったとします。ブログをやめなければ、アクセスが思った以上に集まらないことに気づき、原因を探すことになります。そこでSEO対策を勉強して「ビッグワードを狙いすぎていたのだ」とわかれば、別のワードに変更することによって間違いではなくなります。

 

「お金を稼ぐことを第一目的としている」「稼ぐことに消極的」このふたつに関してはもはや真逆のことを言っています。ある人はお金を考えずにブログを続けたことで成功して、ある人はどうやったら稼げるか考えてブログを続けた結果成功しています。共通項はやはり、「ブログをやめないこと」です。

 

「待てないし我慢できない」「100記事書けば稼げると思ってしまう」「記事数が少ない」このあたりの間違いは「ブログをやめないこと」とほぼ同じことを言っています。ブログではとにかく記事の数が重要ですが、それはブログを続けているからこそ100記事にとどまらずもっと書くことができるのです。

ブログ初心者にありがちな間違いを正解に置き換える

間違いをいくら調べても正解はわかりません。

しかし先ほどピックアップした間違いを正解に置き換えればどうすればいいのかちょっとわかるでしょう。

初心者でもSEOをちゃんとする

「ビッグワードを狙ってしまう」「雑記ブログ化してしまう」「SEOを考えないで書いてしまう」「キーワードを無視」このあたりはSEOをちゃんとしましょうということです。簡単に解説します。

 

SEOは「専門性」「信頼性」「権威性」この3つを獲得することで、Googleの検索結果上位に表示されるようになります。雑記ブログでは専門性を獲得しにくいわけです。このうち「権威性」はブログの年齢が大きく関わっていて3ヶ月〜1年くらいはかかります。そこで「ビッグワードを狙ってしまうと勝てない」ということになります。「SEOをちゃんとしましょう」ということですね。

 

SEOの具体的な実践方法はこの記事で解説しているので参考にしてください。

初心者でも記事を量産する

「待てないし我慢できない」「100記事書けば稼げると思ってしまう」「記事数が少ない」このあたりは「記事を100記事以上書きましょう」ということになるのですが、なぜ100記事以上も必要なのかわかりませんよね?

 

これも結局はSEOの話になってくるのですが、ビッグワードではないマイナーなキーワードで検索結果上位を取るのに30〜40記事くらい必要になってきます。しかも記事を書いただけでは検索結果上位になりません。Googleに評価されて権威性が獲得できるまでに数ヶ月かかります。なので「待てないし我慢できない」ことになってしまいます。

 

30〜40記事を書いているのに、毎日アクセス解析しても全然アクセスが増えない。これは当然で全員が経験することです。これはとにかく続けるしかありません。これがビッグワードとなるともっと難易度があがります。

 

ビッグワードに関連する記事だけを100記事以上書く必要があります。しかもビッグワードは競合が多いので結果が出るまでに1年〜2年はかかるでしょう。「100記事書けば稼げると思ってしまう」という間違いは「年数もかかる」という視点が書けているので間違いとなってしまいます。

初心者のブログはどんな感じになるか

わたしが試験的にやってみたブログのデータを公開しています。

これは成功例というわけではありませんが、だいたいのイメージがわかると思います。

 

「早く成功したい」「失敗したくない」という気持ちはとてもわかりますが、よっぽどの幸運に恵まれないかぎり、初心者がいきなり稼げるようなことはありません。とにかくブログを続けましょう。

ブログ初心者がブログをやめないためには

ここでわたし自身の間違いを書くとやはり「ブログをやめてしまった」ことです。
先ほどデータを紹介したブログですが、だいたい3ヶ月くらいで数万PVを稼げるブログになりました。しかしGoogleアドセンスで得られたお金は「数千円」です。こんなものか、とやめてしまいました。

 

自分でブログをやってみてよかったことは「書いた記事が読まれるとうれしい」つまりPVを稼ぐことが楽しいとわかったことです。今はメディア専属のライターをしています。ライターになってよかったことは「やめたくても自分勝手にやめられない」という制限でした。結果として文章を書くことは楽しい作業となり、ブログに必要な知識を勉強しないといけない状況となり、結果的にこうしてまたブログを書いています。

 

ライターになることをおすすめしているわけではありませんが、どうやったらブログ(文章)を書くのが苦痛にならないか考えることは重要だと言えます。そのモチベーションをPVに求めるのか自己表現に求めるのか人それぞれでしょう。わたしの経験からすると、初心者の段階において収益にモチベーションを求めることはおすすめできません。

 

「ブログをやめない」

 

1年間という期間を設定したとすると90%が3ヶ月でやめます。1年になると3%しか残っていないと言われています。わたしも3ヶ月でやめたうちの1人ですので、90%の中に入っているわけですが…。いくら注意深く、そしていくら勉強しても、間違いは絶対にあります。これをリカバーできるのは「ブログをやめないこと」だけだと、今だからこそ自信を持って言えます。